近況(2020/10)

数ヶ月ぶりです(お約束定型文)
適当な近況覚書です。
※今回のメインは創作についての話であり、TRPGの話はほぼありません

◆今後の活動について現時点で考えている事のぼやき
・創作
 続けます。とりあえずやりきろう、と、思ってます(こちらは詳しくは以下で)

・TRPG
年末前後目処で新作シナリオを完成させる予定です。

・KITAB2!
 KITAB2!という創作オンラインマガジンに10/31刊行予定の本を掲載させていただきました(正直これに掲載申請するために10/31合わせで本出す事にしt……ごにょごにょ)
 すごいページ数あるのになんと無料DLです。興味ある方はぜひ。

・レポ漫画
 創作鑑定なるものを八月末に実は受けました。
 色々ためになる事や面白い事言われたので、レポ漫画をちまちま描いてます。
 今月中にTwitterへ上げる予定です。

・イベント
 11月コミティアに申請してます。当落は現時点では不明。
 他にはオンラインイベントに参加するかもしれません(これは決まり次第Twitter(@netarinai_hito)で報告します

・コミッション
 TRPG用の立ち絵でやるか、少しだけ考えてます。
 高いクオリティは出せませし、一枚絵とかは本当に無理なんですけど、人物のみの絵なら一応見苦しくない程度に描けるはず……という自負はあるので。
 と言っても、やるとしても、そんなに数を受けるつもりはないです。普通に別の仕事もあるので……

・ファンボックス
 これは年初からずっと迷っています。
 私はどの方面に対しても無名だし、やれるのは落書きを上げる事とくだらん日記を上げる事くらいなので……って感じで延々と足踏みしてます。
 やるなら創作とTRPG系と両方閲覧可の3コース用意かな……

・サイト
 創作について本格的に活動するので、それに合わせてぼちぼち改装したい。

——————————————–
◆創作についてのはなし
この前人生で初めての一時創作本を脱稿しました。
10/31発送予定で、boothにて既に販売開始してます。
https://gray9306.booth.pm/items/2390283
現時点でポチっていただけるとものすごく励みになるのでよろしくお願いします……と、言いたいんですが、サンプル読んでも中身がよく分からない&無名&1500円とかいう初見バイバイトリプルコンボなので、ものすごく手が出しにくいのも分かります。
手を出す理由、どこ……?この本の売り、どこ……???
って自分でもなってしまうからこそ、ポチって下さる方は本当に神様だと……思います……ありがとうございます……現時点でポチってくださった方……

◆本そのものについてのぼやき
前回でも言っていましたが、中身は全て漫画、というわけではありません。小説と漫画が混在、しかもはっきり分かれているわけでなく、入り乱れています(boothのサンプルを見ればわかりやすいと思います)
その総合計が本文120ページとなります。
ページ数、前回(2020/7/19時点)では80ページくらいかなと言っていましたし、まあ~多くて100ページくらいだろうとあの時の私は呑気に思っていました。
が、まとめたら気付けば………………あれれ…………れ……
もちろん見開き調整などで真っ白or真っ黒オンリーなページも何ページかありますが、それにしたって初めての本で出すページ数ではないですね。どうして。
けれど分冊で出す話の構成ではなく……ネット連載や電子オンリーも一瞬考えましたが、どうしても物体としての形で出したさも強く……
そんな感じで……はい……


◆創作『ある探偵たちの因果律』シリーズについて

※以下、恐らく意味が分からない事ばっかり買いている『一巻のあとがき』です。
 本のネタバレはほぼないので、未読でも安心して読めます。

今回このシリーズは、言ってしまうとほぼほぼ一切『物語や世界観を机上で作る』というステップを”踏まず”に作っています。
行き当たりばったりってこと?って思われるかもしれません。ある意味でそうですが、でも先の大まかな話や展開、終わりは既にある程度決定してます。
でも登場人物たちについて、知らない事はごまんとあります。
感覚としては物語を作るではなく、『既に起きた事実を私なりに書いている』という感じです。
なんでしょうか。ノンフィクションを描いている感覚というか……もちろん彼らは私たちの世界に実在しない人間なので、フィクションでしかないんですが……
上手く説明できないんですが、そんな感じです。そのために少々特殊なプロセスを用いて本の構成から仕上げまでしています。

なのでちょいちょい、エンタメとして消費される物語だったら私は絶対そうしないな……って展開は、既に一巻の時点で多々あったりします。
例えば空き巣展開とか……空き巣とか……空き巣…………………………………………空き巣さあ…………
……空き巣展開の部分、”二人っきりで調査をする”のは分かっていたんですけど、本当は二人だけで家に向かって大家さんとかに鍵貸して貰ったりするのかな……って最初は思ってたんです……最初は……はい……まさかあんな展開だとは私も思ってなかったので……はい
おかげで表現に四苦八苦しました。私、アクションシーン描けないんですけど……って何回項垂れたか分からないです。練習します。まあ今後バトル漫画描くか分かんないですけど……(恐らくない

あとはオチも、最初は全然違う形だとって思ってました。だからあの形で決定してしまった時、私は「なんで……どうして……」ってリアルにやるせなくなりました。
でも、確かに。彼の人柄をちゃんと考えるとあれが正しいというか、なるべくしてああなるというか。今となってはもう、終わりはあの形以外ないと思います。本当に。本当に……
おかげで内容はそれなりに人は選ぶ本になったと思います。が、これが登場人物たちのありのままの人生なんだろうと、受け止めていただけたら幸いです。

今はぼちぼち二巻の構成をしています。
一巻は幸せについて問う話でしたが、二巻は他者を助ける事についての話になりそうです。
今回四~五か月程度で120ページの本を作りましたが、所々無茶したり有給や夏休みをつぎ込んでようやく最低限のクオリティー、といった感じでした。
なのでそうですね……半年に一回ペースを目標にしたいと思います。早ければ二月コミティア合わせかもしれません。

まあ、色々書きましたが、そんな感じで体調に気を付けつつ、無理しすぎない程度に遊びつつ、今後も色々やりたいように活動を続けようと思います。
ここまでご拝読いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました