近況

数ヶ月ぶりです。これ、毎回言ってる気がします。
ざっくりと近況報告します

◆9月のコミティア
申し込みました。受かったらコミティア初参加ってことになります。
同人活動はまあ……二次創作なら超大昔にやっていましたが、それもごにょごにょ年前なので……
今は時世が時世なので、開催されないかなーとも思ってます。あまり期待はしてないです。が、もしも受かって、開催もちゃんとされるのであれば、せっかくですし、その時の時世を見つつ可能な限り足は運ぶ予定です。その際はなるべく対策もします。
例えば見本誌は置かず、サンプルはpixivに上げたURLをQRコード化して読み取って見てもらうとか(どうしても現物見たいって場合は出しますが)……机に並べる本は事前に袋に入れておくとか……消毒液置いておくとか……まあ消毒液は準備期間の時に売ってたら、ですけど。
まあ……初めてだし、私は無名なので、そんなに対策きっちりやったところで、現地で1冊でも出たらすごい多い方かなって思っていますが……なので不謹慎と言われそうですが、対策もある種のイベント感覚で気楽にやろうと思います。じゃないと心が死ぬ
一応boothでも販売する予定なので、もしも気になるなって方がいたら覚えていただけると幸いです。

◆創作の話
そんな感じで6月末からずっと原稿をしています(画像はそれ
漫画と小説が入り混じっているという特殊な構成のせいで、未だに全ページ数が見えないんですが、恐らく80Pは超えそうです。予定してる締め切りは八月末です。終わるの?これ。
本の内容は一言で言うと、失踪した作家を変な探偵二人がよく分からん手段で探し出す話です。サスペンス系かと言われたら全然違ってて。なんでしょうね。とりあえず薄暗いです。時世的にも出していい話なのか分からないです。出すんですけど……
ちなみにシリーズ予定で、現時点では7本構成で考えてます。今回は1本目です。数年かかると思いますが、頑張って描き切りたい。
私はとりあえず、このシリーズは物語というより哲学なんだとしか言いようがないというか……そんな感じです。
頒布前にはサンプルをpixivとかに上げたいと思います。
あ、そういえば創作投下用のアカウントを作りました。今のところ、上で言った探偵の話関連しか投下してません。まだ少なすぎて全然雰囲気分からないと思いますが、ちまちま更新したいと思うので何卒……
https://twitter.com/hakushi_no_sumi

◆CoC自作シナリオの話
5月に新しいシナリオを投下しました。事前に告知してた『赤の揺り籠に君を願う』ってやつです。
https://gray9306.booth.pm/items/2090253?utm_source=pixiv&utm_medium=promotion&utm_campaign=pixiv-promotion&utm_content=work-mentioned_item
えーっと……ものすごく人を選ぶので、購入する際、そして回す際は十分に気を付けてください。以上です。作者としてはそれ以上言いようがありません。
最近、CoCの自作シナリオと創作について少し悩んでます。
というのも、活動を分けるかどうか、というか。あとCoCの活動はどれくらいの規模でやるのか、とか。
CoCシナリオで有名になっても、まあ多分創作には興味を持たれないよな……とも思ってて。なんでしょうね。こう……言語化しにくい思いがあるんです。どうしても。根暗の弊害が。
一応CoCで書きたいシナリオはまだあるので、CoC方面の活動をやめる事は当分ないですが、現状心の比重が創作寄りなので、白黒はいいろ名義はこれからどうしても創作ばかりになると思います。
私は仕事でもない限り、自分が書きたいものしか書きません。そう決めてるので。
シナリオを好きだって言ってくれる人には申し訳ないんですが……でもたまに出るかもしれないので、そのたまに出るかもしれないものを気が向いた時にチェックしていただけたら本当に幸いです。
CoCシナリオじゃないと書けないものっていうのも、やっぱりあるので。そういうものができた時はなるべく出力します。
活動縮小宣言というより、改めて自分のスタイルについて提示って感じです。

◆CoCのその他の話
で、ここで思い出したんですが、原稿がある程度落ち着いたら『CoCで使える汎用神話生物描写集』を作ってboothで頒布しようと思います。
目標的には年内です。
簡単に説明すると、描写の有料素材です。KPでも、あなた自身の自作シナリオでも使えるというものにしようかと。商用や動画でも一応可能にします。ただし金銭が発生する使用(広告付き動画含み)ではクレジットに本書を載せてほしい……とか。そういう感じですね。
KPをやる人って全員が全員文章を書けるわけではない。そしてシナリオも、物によっちゃ描写がほとんど乗ってないものもある。あったとしても、神話生物だけふわっとしてたりするものもある。
だから、もしかして描写素材って需要あるんじゃないかな、と……まあ、実験的ですね。まあ、探せばあるかもしれませんが、神話生物のテキスト描写にフォーカスを当てたものは自体はあまりないかもしれません。
もしも好評だったら、どんなTRPGでも使えるロスト描写素材!とかもやってみたいですね。

近況とかはそんな感じです。ではでは。
原稿……終わるかな……頑張ろう……

タイトルとURLをコピーしました